作品長さ(世代交代の波)

ビデオサロン誌2018年7月号に作品長さに関する記述がありました。「魁ビデオ道場」が衣替えした「Views'sEYE」への応募作品を分析したものです。画像
ディスクを郵送してくる人の作品長さは概して長く、Youtubeから応募してくる人のは短い傾向があるというのです。当方はそれ以外にも感じていることがあります。Youtubeで応募してくる人は名前にも作品名にも横文字やカタカナが多いのです。ディスク応募の人は名前も作品名も日本語が多いのです。Youtube派は若い人が多く、ディスク派は高齢者が多いのです。
そして選者の物差しも少しYoutube側に舵を切ってきているように感じます。それが世の中の、今の世代の流れだと当方も感じます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック